目が覚める。
一日が始まる。

最近は、いつも思う…
私のいのちは、今日も”生きる”を選んだ、と。

”生かされている”のではない。

自分で”生きる”を選んでいる、と。

”私は生かされているんだ”と、
そんなふうに
そもそもの受け取りちがいをしてしまうと、

 自分には抗うことのできない大きな力の中にいて
非力さを無意識で感じてしまうことになる。
その大きな力すら、私の一部なのに。

自分で生きるを選んでいると自覚すれば、
じゃぁ、どう生きようか?
何しょうか?
どういう1日にしょうか?って
自分で決められる。

1日をデザインする。
1時間をデザインする。
一瞬をデザインする。

全部自分で決められる。
おまかせだからね。

未来は透明だから、
イメージで色をつけ
五感で立体感をだし
感情で臨場感をプラスする。

そんな風に、未来を自由に創り出せる
魔法のようなパワーが人間には備わっている。

けれど、自由になんでも望んでいいよって
言われる方が苦手な人もいる。

確かに、差し出された選択肢があったほうが選びやすい。
でもそれが慣れちゃっただけで
自分で望むことを、いつからでも描き始めればいい。

「本当のわたし」は、私の人生がいつ始まるのか?って、
待ちくたびれて、目の前の現実に、
飽き飽きしているかもしれない。

だって、自分で選んでいるようであっても
選ばされた選択は、
自分で未来を創り出すための選択ではないから。

シンプルに、心が踊らない選択は
楽しくないんだよね。

だから、いつも心に聞けばいい。
何したら楽しい?
どうしたら嬉しい?
どこに行ったら驚く?
何を食べたら幸せ?
誰といたら温かい?
今、心地よくなれることは何?

毎瞬、毎瞬丁寧に、
わたしのとコミュニケーションをとる。

マインドの世界の豊かさ
意識の世界の無限の可能性
現実を創り出すオモシロさ、

その魅力を知るということは、
本当のわたしを知るということ、
私の可能性を知るということ。

 今日も1日をデザインしながら
その先に選び放題の未来もあるんだよね、と
迷うことも楽しんでみたりするし、
何がやってくるのだろうか?と想定外を期待したりもする。

結局、どんな瞬間も楽しめる!ってこと。
ただ、そう決めるだけのことなんだよね!

*+*+:*+*+:*+*+:*+*+:*+*+:*+*+:*+

毎日がカラフルに変わる、メタモルフォーゼ実践グループ
   ↓ ↓ ↓
https://sanaesanto.com/metamorphose